グループ化・事業承継

グループ化・事業承継

個人の事業承継ではなく、動物病院のグループ化

個人間での事業承継は、「動物病院の延命処置」と考えています。現院長のリタイアのタイミングで、開業をしたい若手獣医師が継承するだけでは、動物病院業界全体の抱える諸問題の解消出来ません。人員不足の解消や医療レベルの向上などをスムーズに行うためには、大きな動物病院グループによるダイナミックな改革が必要と考えます。

引き続き院長としてご活躍いただけます。

もちろん、リタイアされたいという院長先生・経営者の方可能ですが、JVCCの動物病院グループ化は単純な動物病院の事業承継ではないため、院長先生には今まで通り診療を行って頂くことができます。また、今までよりも仕事をセーブしてプライベートを充実させたいとの要望も可能です。

今までの業績を高く評価

院長先生・経営者の方へのメリットは、なんといっても現金が手に入るという事です。特に業績の良い動物病院に対して高い評価をすることが可能です。

今後、動物病院業界も厳しい環境に置かれるのは間違いありません。実際、今、ご自分の動物病院が好調だとしても、近くに競合病院が出来たりご体調を崩し満足に働けなくなる可能性もあります。そうなる前に、まず一度、今までの自分の業績を現金にして手にすることで、ご家族も安心していただけると思います。

また、グループに参加していただくことで、自分の運営していた動物病院、そして今一緒に働いているスタッフに対しても、下記のような必ず良い方向の変化をもたらすことができると思います。

人手不足の改善

jvccの動物病院グループに加入しることで、人材の相互での助け合いや労務環境の整備が行うことができ、人員不足の解消が可能になります。また、そういった内部環境が整ったグループなら、働きたいと思っていただける人材も増え、今まで苦労していた求人も安定的になるはずです。

グループとして医療レベルの向上

個人経営の動物病院では、高額で使いきれない医療機器もJVCCグループとして所有、必要なときに貸し出すことができ、今まで出来なかった治療や手術も行うことができるようになります。また、JVCCでは高度医療を行える施設の建設を予定しています。グループ内に高度医療を行える動物病院があれば患者様の相互の引継ぎなどもスムーズになるばかりでなく、グループとしての症例数が増え、それぞれの動物病院の医療レベルの向上につながっていきます。また、グループ主催のセミナーや研修なども積極的に行っていきたいと思います。

煩わしい業務を行わなくてよくなる

今まで、経営者である院長先生が行っていた、給与計算・振り込みなどいわゆるバックヤード業務をjvcc本部で一括で行う体制づくりを目指しています。この体制ならば獣医師も看護師も自分の専門分野に集中することができ、さらに動物病院としてレベルアップが計れるはずです。

PAGE TOP