コンセプト

コンセプト

獣医師にとって最も働きやすく、かつ、飼い主に最も信頼される動物病院グループ

日本の動物病院業界、特に小動物の一次診療については、診療所を開業された個人事業主の属人的努力によって支えられて来ました。
しかし、第一世代の方々が引退を意識するタイミングである一方、獣医科大学生の女性比率は高まっており、
小動物臨床に取り組まれる獣医師の働き方及び病院の経営形態に変革が求められていると考えております。
また、小動物の家族化・高齢化と医療技術の高度化が進むなかで、飼い主の医療に対する期待も高まっており、提供するサービスにも革新が求められていると考えられます。
JVCC株式会社は、このような動物病院業界の中で、「獣医師にとって最も働きやすく、かつ、飼い主に最も信頼される動物病院グループ」になりたいと考えています。

そのために、経営の質として、

①獣医師主体の経営体制
②診療に集中できる組織体制
③働きたい働き続けたいと思える職場

を重視してグループの経営をしていきます。

さらに、そのような経営を実現するためには、前提として一定の規模(資本規模、グループの規模)がなければできないため、資本関係を持ったグループ化を推進し、獣医師のキャリアを通じて多様な働き方を提供することが可能となる規模の「日本最大の動物病院グループ」を目指しています。

獣医師主体の経営体制

日本にもいくつかの企業動物病院がありますが、そのほとんどが他業種の大手企業が運営している動物病院です。こういった企業動物病院では、経営陣が他業種の仕事をしていた場合が多く動物病院を理解していないため、現場との衝突や意思疎通ができないことがあります。また、あまりにも売上をもとめるために必要のない検査等を行うような指示をされることがあります。JVCC株式会社では、代表と経営陣の中に現役の臨床獣医師が参加し、専門性をもった人材により経営チームを構築することにより、現場である動物病院の求めていることを理解できる体制を整えています。

診療に集中できる組織体制

個人動物病院では、獣医師や動物看護士は診療ばかりでなく給与計算・人事労務管理、経理業務や支払業務など事務的な仕事も行っていると思います。特に院長先生は、重症治療も事務仕事も行わなくてはならず、プライベートな時間を取れないのが現状だと思います。
しかし、JVCCグループの動物病院では、いわゆるバックオフィス業務を一括で行う体制づくりを進めています。この体制ならば獣医師も看護師も自分の専門分野に集中することができます。

働きたい働き続けたいと思える職場

現在、日本の動物病院では、時間外労働・女性の育児休暇からの復帰など問題の解決ができていない状態です。また、終身雇用は難しく、臨床を続けたい獣医師は、やむなく「開業」を考えるしかない状況です。
JVCC株式会社は、そういった様々な労働環境の問題を動物病院グループとしてスケールメリットを生かし改善していきたいと考えています。
そして、そういった内部環境を整え、求職者からは「ここで働きたい」、そしてスタッフからは「働き続けたい」と思ってもらえる職場づくりを目指しています。

ペット業界の様々な分野への挑戦

ペットと幸せに暮らしていくためには、動物病院ばかりでなくペット業界の様々な分野の発展が欠かせません。特にトリミングサロンやしつけは、獣医療の分野でも相互作用が高く協力体制を密にとることは不可欠と考えています。また、獣医療の発展のために新薬開発や医療機器の開発なども不可欠です。JVCC株式会社は動物病院のグループ化を中心に、それに関連する様々なペットにかかわる業種への投資することで、業界全体の向上を図っていきたいと考えています。

専門性の高い人材の育成強化

グループ動物病院として、高度獣医療の提供はもちろん、全体として一定レベル以上のサービスを提供するためにも、長期的に成長を遂げるための基盤である人財を大切に育成し、個人を尊重しながら社会に誇れる人財の創出が不可欠と考えています。
それを実現するためにも、より実践に沿った形でのペットの専門家の育成機関の運営、もしくは既存のペット専門学校をグループ化することも含め、人材の育成に十分な投資をしていこうと考えています。

PAGE TOP